国際結婚してみたら

アメリカ人の旦那を持つアラフォーが、国際結婚・マイホーム購入・商品レビューを発信していくブログ

国際結婚 国際結婚

【国際結婚】外国人と結婚してわかったメリットとデメリットとは

2019年10月17日

はじめまして(^o^)
アメリカ人の男性と国際結婚をして、夫婦共働きで生活しているJenniferと申します☆

若い頃に色々な恋愛をしても長続きしませんでしたが、アラフォーで出会ったアメリカ人の彼とは波長が合うようで2年ちょっとお付き合いをして結婚に至りました。
ネットで検索すると、“国際結婚はおすすめできない”という記事をたまに見かけますが、私が思うにはその逆です。

国際結婚を断然おすすめします!

なぜ、そう言い切れるのか。
私の旦那の場合は……という限定になりますが、メリットとデメリットをまとめてみました☆

メリット

1.はっきりと愛情表現をしてくれる

外国人のほとんどは女性に優しく、自然に「好き」「大好き」と言ってくれます。
誰だって彼氏から「好き」と言ってもらいたいですよね~!
お家はもちろんのこと、外出しても普通にキスをしてきます。外国ではカップルが町中でキスするのは当たり前のようですが、日本だとちょっと恥ずかしいかもしれません。

2.自分の知らない世界や発想、価値観が面白い


国が違えば文化が違うわけで、日本で当たり前のことが海外ではあり得なかったり、その逆もあって一緒にいると刺激を受けます。私が衝撃を受けたのが、アメリカに行くと自分の敷地内で銃を撃てること!以前アメリカへ行ったときに旦那の友人宅で銃の撃ち方を教わり、その場でバンバン撃たせてもらいました(笑)かなり通り場所に的も用意されていて、どうやら日常的なようです。

3.日常が異文化生活のようになる


私の旦那はアメリカ人なので、料理を作ってもらうとアメリカンな食事が出てきます。朝はアメリカンソーセージ、半熟卵焼き、ハッシュブラウン、トースト。昼はハンバーガーかクラブサンド、夜はマッシュポテトとお肉、マカロニチーズといった感じです。

4.海外にも家族が出来る


旦那の家に帰省する=海外旅行です。海外に行く機会が増えるうえに、外国人の家族まで出来るので帰省が楽しくなります。車があれば好きなところに連れて行ってもらえますし、美味しい料理のお店にも案内してもらえますよ!ある程度の期間滞在することになると思うので、お仕事をしている方は少し有休を使うことになるかもしれません。

5.ネイティブから直接新しい言語を教えてもらえる

英語や韓国語など、パートナーから直接指導してもらえます。しかも、無料で(笑)!言語を習得するにはネイティブスピーカーと話すことが近道だと言われており、スクールに通うのが一般的です。通って先生に間違えた言語で質問しても、おそらく先生は優しく答えてくれると思います。でも、パートナーの場合は容赦なく間違いを指摘しダメ出しします。私は現在英語を勉強中で、基本中の基本も出来ないのでかなり怒られますが、厳しく指導されることはプラスになるのかなと思っています。



デメリット

1.パートナーの永住権が無いと住宅ローンで申請できる銀行が限られる

配偶者が外国人の場合は、永住権があるかないかで申請できる銀行が限られてしまいます。結婚をしたらいつか自分の家を持ちたいと思う人が多いと思います。でも、その時になって永住権を取ろうとすると取得するまでにかなり時間がかかるので、家を買う買わない以前に取れる状況であれば早く取ったほうが良いです。

2.好き嫌いが多いパートナーの場合、食べたい物が食べられない

テレビを観ていると外国人が好きな日本食は、お寿司、天ぷら、蕎麦…という情報が流れていますが、生魚が乗っているお寿司は食べられない!という外国人もモチロンいます。私の旦那もその一人です。なので、お寿司屋さんはもちろんのこと、魚が売りの居酒屋に一緒に行けません。納豆、梅干しといった日本のソウルフードも受け付けないので、食べたい時は一人の時にこっそり食べるしかありません。自分が好きな食べ物を一緒に共有出来ないのはちょっと淋しいですね。。。

デメリットはあまりありませんが、唯一挙げる一番の問題は住宅ローンだと思います。
私はちょうど今そのことで困っているので後日詳しく書きます(;^_^A

-国際結婚, 国際結婚
-

Copyright© 国際結婚してみたら , 2020 All Rights Reserved.