国際結婚してみたら

アメリカ人の旦那を持つアラフォーが、国際結婚・マイホーム購入・商品レビューを発信していくブログ

ライフスタイル 住まい

家を買いたい!永住権が無い外国人でも住宅ローンの審査ができる銀行はどこ?

2019年11月5日

結婚してからもうすぐ1年。将来のために賃貸ではなくそろそろ家を買いたいねという話が出てきました。今住んでいるアパートは駅から近く繁華街にあるのでどこに行くにも便利。このアパートを買えたら一番良いのですが、他の部屋も含めて売りに出ていないので同じエリアで探すことに。おおよそ10軒くらい見て一番理想に近いマンションが見つかり、さあ契約だという段階で不動産屋さんから事前申請を出しましょうと提案されました。私の年収だけでは審査が通るか心配なので、旦那とペアローン(ふたりがそれぞれ一物件に対してローン契約をし、お互いに連帯保証人になる借入方法)を組もうということになったのですが、ここで一つ問題が……。それは、

 

永住権がないと申請できる銀行が限られる!

ちゃんと日本で仕事ができる環境があれば永住権なくてもいいんじゃな~い?と思っていましたが、ここで永住権の重要さを知らされました。じゃあ今すぐ永住権を!!……と言いたいところですが、申請して取得するまでおおよそ6カ月以上はかかるそうです。

そうなると、永住権を取得するまでの間に今希望している物件は他の人に取られてしまう可能性大なわけで、待っている時間はありません。ということで、永住権がなくても住宅ローンの審査が受けられる銀行を探しました。

なぜ永住権がない外国人は住宅ローンの審査が厳しいのか

永住権がない外国人はずっと日本にいるとは限らないからです。本人は日本に長く滞在するつもりでも、在留資格(ビザ)が切れてしまった場合は国外に出なければいけません。そうなると、銀行側は35年の長期返済として数千万円を融資したのにお金を回収できなくなってしまいます。そのため、永住権がある外国人とない外国人とでは信頼度が大きく変わるのです。逆に、永住権のある外国人は日本人と同じ条件で審査を受けられます。

永住権がない外国人でも住宅ローンの審査ができる銀行

永住権がなくても一部の銀行は住宅ローンの申請を受け付けています。以下のふたつは実際に私が永住権のない外国人の旦那とペアローンで申請を出し、担当の方とやりとりをしています。

■三井住友銀行
https://www.smbc.co.jp/kojin/jutaku_loan/
短期滞在を除く在留資格を持っていれば、永住権がなくても申込受付が可能。
20歳以上満70歳の誕生日までの方で、完済時満80歳の誕生日までであること。

■新生銀行
https://www.shinseibank.com/powerflex/housing/
配偶者が日本国籍または永住許可のある外国籍であり、連帯保証人になること。
20歳以上65歳以下で、完済時年齢が80歳未満であること。
2年以上連続で就業していて、前年度税込年収が300万円以上の正社員または契約社員。
自営業の場合は業歴2年以上で平均300万円以上の所得があること。



永住権なしで住宅ローンの申請をする予定の方へ

住宅ローンをどの銀行で申請するか迷うと思います。それはおそらく金利ではないでしょうか。しかし、永住権がない場合は審査してもらえる銀行が限られているので、金利のことなど考えずにまずは申請することをおすすめします。いくつか申請をして通ったところから良い条件の銀行を選びましょう☆

↓応援クリックを頂けると嬉しいです!

-ライフスタイル, 住まい
-,

Copyright© 国際結婚してみたら , 2020 All Rights Reserved.