国際結婚してみたら

アメリカ人の旦那を持つアラフォーが、国際結婚・マイホーム購入・商品レビューを発信していくブログ

ライフスタイル 住まい

マイホーム購入の頭金100万円を持って売主と契約を交わしてきた

2020年8月17日

マイホームを購入するため3度目の住宅ローン審査に申し込みをして数日後、不動産の担当から事前審査が通ったと連絡が入りました。次にすることは、売主に会って不動産売買契約を交わすことです。

マイホーム購入の頭金100万円を持って売主と契約を交わしてきた

契約は売主が依頼をしている不動産会社で行います。必ず行うのが、重要事項説明書の読み合わせ。不動産登記の住所や建物に関する細かい情報、取引に関することまで丁寧に説明を受けるのですが、これがかなり長くて1時間半~2時間かかります。わからないことがあればこの段階で質問しておいたほうが良いです。

読み合わせが終わると、時間をずらして到着した売主とご対面。物件費用の頭金として100万円を直接手渡ししてから契約書類に押印をします。このとき1万円の印紙を貼るので自分で購入するか不動産担当に依頼しておくと良いです。

そして最後に決めないといけないのが、家の引き渡し日。この日は住宅ローンを組む銀行で融資を受けて売主の口座に送金しなくはいけないので平日のみになります。つまり、会社員の場合は休暇を取らないといけません。なおかつ売主の予定にも合わせないといけないので候補日はいくつか決めておいたほうが良さそうです。

この日、解散になったのは集合してから3時間後。結構時間がかかりました。売主と契約が終わったのでいよいよ本審査申し込みです。まだまだ先は長い~!

マイホーム購入までのまとめ

永住権を申請中の旦那と、会社員の私がマイホームを手に入れるまでの過程です(現在進行中)。 1.家を買いたい!永住権が無い外国人でも住宅ローンの審査ができる銀行はどこ? 2.都内の中古マンションを内見し ...

続きを見る

-ライフスタイル, 住まい

Copyright© 国際結婚してみたら , 2020 All Rights Reserved.