国際結婚してみたら

アメリカ人の旦那を持つアラフォーが、国際結婚・マイホーム購入・商品レビューを発信していくブログ

商品レビュー 日用品

タイガー魔法瓶ステンレスミニボトルMMP-J031<サハラマグ>300ml商品レビュー!旧モデルとの違いも比較

2020年8月19日

プラスチックごみを減らすために2020年7月1日からレジ袋が有料化になりました。レジ袋はゴミを捨てるときに活用できるので重宝していたのですが仕方ありません。これをきっかけに今後色々な商品の販売方法も変わってくるかもしれませんね。例えばペットボトルに入った飲料とか。

無印良品はレジ袋有料化と同じ日に自分で詰める給水サービスを開始しました。毎回ボトルを買うのではなく繰り返し使うことでペットボトルごみを減らすという目的のようです。私も普段から水筒を使っているのですが、節約にもなって良いですよ。

とはいえ、持ち歩くなら軽いほうが良いですよね。軽量の水筒であればおすすめしたいものがあります☆それは、タイガーから発売されている無重力魔法瓶から出ているマグタイプの最軽量モデル「MMP-J021/MMP-J031」です。私はMMP-J031(300ml)のホワイトを持っているので商品をご紹介します。

タイガー魔法瓶(TIGER) マグボトル スノーホワイト 300ml MMP-J031WL
軽量化を実現し、0.2Lサイズは重さがわずか110g、0.3Lサイズは140gと持ち運びに最適です。小さなかばんにもすっぽり入る超軽量スリム&コンパクト。マグカップのような口あたりでなめらか飲み口。ステンレス真空2重構造により、高い保温・保冷力を実現!

タイガー魔法瓶ステンレスミニボトルMMP-J031<サハラマグ>300ml商品レビュー

最軽量のステンレスミニボトルには200mlと300mlの2サイズで、カラーはアザーブルー、シェルピンク、クールホワイトの3種類があります。

左側が新モデルのMMP-J031です。隣には旧モデルのMMP-G031を置いてみました。どちらもホワイトになりますが、新モデルのほうが明るい白色でワンポイントにブルーが入っています。

メーカー表示ではなく実際に重さを量ってみると、新モデルは135グラム、旧モデルは137グラムでした。内びんの厚さがさらに薄くなったことで少しだけ軽量化したのかもしれません。

今回大幅に変わったところは、飲み口の部分です。旧モデルは薄さにこだわった分、口あたりがすこしとがっています。一方、新モデルはマグカップのようななめらかな口当たりを再現。両方とも飲み比べてみましたが、圧倒的に新モデルが飲みやすいです。

蓋の裏にあるゴム部分も変わっています。旧モデルに比べて新モデルは小さくなり、お手入れも簡単にゴムを取り外すことができます。

どちらも真空断熱で保温、保冷を長時間キープ。200mlはもちろんのこと300mlもお手入れの際にスポンジで奥まで洗えてとても清潔です。

旧モデルが軽量で使い勝手が良かったのでこのままでも良いかなと思っていましたが、飲み口が改良された新モデルのほうがGOOD。200~300mlという量も荷物にならずちょうど良くておすすめです。

タイガー魔法瓶(TIGER) マグボトル スノーホワイト 300ml MMP-J031WL
軽量化を実現し、0.2Lサイズは重さがわずか110g、0.3Lサイズは140gと持ち運びに最適です。小さなかばんにもすっぽり入る超軽量スリム&コンパクト。マグカップのような口あたりでなめらか飲み口。ステンレス真空2重構造により、高い保温・保冷力を実現!

-商品レビュー, 日用品

Copyright© 国際結婚してみたら , 2020 All Rights Reserved.